時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2019年4月18日(木)

《訪問見学先》 サントリーウエルネス(株)健康科学研究所

《ご講演》  サントリー食品インターナショナル(株)取締役 副社長 辻村英雄氏


『サントリーのサプリ・花卉事業の開発と花卉事業化の経緯』


tsujimura_hideo
辻村英雄氏

 今期「異業種・独自企業研究会」の第1回例会は、来る4月18日(木)、サントリーグループのフロンティア製品の開発に挑む、京阪奈のサントリーウエルネス㈱健康科学研究所(ワールドリサーチセンター内)を具に見学させていただき、サントリー食品インターナショナル㈱ 取締役 副社長辻村英雄様を親しくお囲みさせていただいて、「サントリーのフロンティア製品 の開発と事業化、その基本戦略」についてご講演いただきます。

 同社のサプリ事業は今年売上高で1千億円を突破する見通しで、その第一号となった「セサミン」が上梓されたのは1993年。開発に着手して13年の年月が経っていました。  また青バラで知られる同社の花卉事業が始ったのは’89年に作出されたサフィニアが最初で、サプリ事業共に研究所生まれの事業です。この二つの開発の中心にあったのは辻村英雄氏でした。

 
サントリーウエルネス健康科学研究所

 創業者鳥井信治郎氏以来、サントリーの新製品・新事業開発に於て数字で採算計画を求められたことはないというのは有名な話で、同社事業の土台であるワイン、ウイスキー創出の折は勿論、何と46年目にして黒字化したビールなど、これは現代にも生きていて、このサントリーの開発と事業化の在り方には、その事業の基本理念を始め、今日のわれわれが学ぶべき事業経営の核心がある、と思っています。

 なお、今回から「異業種・独自企業研究会」のチェアマンは元東レ㈱代表取締役 副社長 CTO田中千秋様から、(独)国立科学博物館 産業技術史資料情報センター長、「ものづくり日本大賞」選考委員、経産省「ロボット大賞」選考委員、世界文化遺産特別委員会委員、江戸時代以前を含め、日本の科学・技術史研究でこの方の右に出る方は少ないと言われる鈴木一義氏、旧松下電器産業㈱ 代表取締役常務で元松下電子工業㈱ 代表取締役社長、大河内記念生産賞2回受賞、パナソニックFA事業基盤の確立者 森和弘氏のお二人に、交代で務めていただきます。

 各回のファシリテーションにおいては勿論、毎回、正規スケジュールの後で持たれるワイガヤの会では、お二方ならではの、深い、また縦横無尽の話題が展開されることが期待されます。

 皆様には万障お繰り合わせいただき、ご参会賜りますよう、心から祈念いたしております。

日程・概要

【日 時】2019年4月18日(木)13:00-17:35
【訪問先】サントリーウエルネス(株)健康科学研究所
       (京都府/相楽郡)
        京都府相楽郡精華町精華台8丁目-1 
【集 合】 近鉄・新祝園駅 東口 ロータリー
      12時55分 (12:55にバス出発)
      ※お迎えのバスが待機してます 
      ※昼食は京都駅周辺をお勧めします
【テーマ】「サントリーのサプリ・花卉事業の開発と
        花卉事業化の経緯」
【ご講演】 サントリー食品インターナショナ(株)
      取締役 副社長
      辻村英雄氏
【チェアマン】
      国立科学博物館 産業技術史資料情報センター長
      鈴木一義氏
【連絡先】 新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:15 ご挨拶
  • 13:20 講演
  • 15:10 見学
  • 16:15 Q&A
  • 16:30 ネットワーキングライトパーティー
  • 17:30 終了 

    ※終了後、バスで新祝園駅へお送りします。
  •    ※スケジュールは変更になる場合もございます。
 

訪問先 地図

ページトップ