時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2017年2月24日(金)

【訪問見学先】 株式会社ナックイメージテクノロジー 横浜工場(神奈川県/横浜市) 
【ご講演】 代表取締役社長 中島聖司氏

『最先端技術と匠の技で挑む、最先端映像機器の製品開発』

nakajima_seiji  
中島聖司氏
 

 「異業種・独自企業研究会」2016年度(前期)第4回例会は、来る2月24日(金)、神奈川県横浜市の㈱ナックイメージテクノロジー横浜工場様を訪問させていただき、見学の栄を賜りますとともに、同社 代表取締役社長 中島聖司様から、「最先端のテクノロジーと熟練の職人の技が生み出す、NACのこだわり」と題してご講演いただき、その後、産業横断的な交流と懇談の機会「ライトパーティー」がもたれます。

 この日本には、通常のハイスピードカメラでは撮影できない超高速現象を鮮明に撮影することが可能な、例えば放電などの光の発光や物質の破壊現象、インクジェット、マイクロマシンのような極小物体の動作解析など、研究開発分野の最先端で求められるニーズに応える、何と200,000,000 コマ/秒という圧倒的な撮影速度で連続撮影が可能なハイスペック仕様を備える、ULTRA Neoという、デジタルフレーミング ハイスピードカメラを開発・生産・販売している㈱ナックイメージテクノロジーという、世界オンリーワンの独創技術を持つ世界企業があります。

 
 
ULTRANEOハイスピードカメラ
 

 同社の今日は、2004年秋、後に技術・工学エミー賞を受賞する、当時世界最高速 300コマ/秒ハイビジョン対応ハイスピードカメラの開発成功に端を発し、更に、2012年のロンドンオリンピックをターゲットに、未到の撮影速度「1000コマ/秒」に挑戦して、遂に幾多の難関を乗り越えて、「画質、性能ともにNo.1」の評価を獲得し、ロンドンオリンピックでこの22台の同社開発のハイスピードカメラが活躍し、その映像は全世界の視聴者の元へと届けられて感動を呼んだのでした。 その後、125万コマ/秒のカラー撮影を実現し、先の2億コマ/秒での連続撮影が可能なULTRA Neoの誕生となったのでした。

 当初、わずか数人の男たちで始り、世界の放送業界、最先端の科学・技術分野に携る人々を驚かせた製品を創り上げた㈱ナックイメージテクノロジーは、その社長中島聖司を中心に、今、「AI化」や「IoT化」など製品と生産システムの「デジタル化」、「開発と製品化、事業化の効率化」効率化が叫ばれる今日、そのレンズ開発も含め、「NACのこだわり」を基に、「最先端のテクノロジー」と「熟練の職人たちの術」を生かし、「世界にないもの」を生み出しています。

 万障お繰り合わせいただき、ご参会いただきますようお願いいたします。

日程・概要

【日 時】2017年2月24日(金)13:00-17:00
【訪問先】株式会社ナックイメージテクノロジー
      横浜工場(神奈川県/横浜市)
      神奈川県横浜市都筑区勝田町1247
【集 合】 詳細は後日掲載いたします
【テーマ】 最先端技術と匠の技で挑む、
         最先端映像機器の製品開発
【ご講演】 株式会社ナックイメージングテクノロジー
      代表取締役社長 
      中島聖司氏
【チェアマン】
     イノベーションオフィス田中 代表
     東レ株式会社元代表取締役副社長
     田中千秋氏
【連絡先】 新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:00 挨拶
  • 13:50 工場見学
  • 15:10 ご講演
  • 17:00 ライトパーティー
  • 18:00 終了 

  • 【オプション】
      18:00-20:00 ワイガヤの会
      ※お店は後日ご案内します
 

訪問先 地図

ページトップ