時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2012年9月21日(金)

【訪問見学先】 茶久染色(株) 本社工場・馬引工場 〈愛知県/一宮市〉

『カーボンナノチューブの実用化技術、導電性繊維の開発』


    蜂矢雅明氏

 来る9月21日(金)は、愛知県一宮市の知る人ぞ知る独想的企業「茶久染色(株) 本社工場、並びに馬引(まびき)工場」様をお訪ねし、世界的にも画期的技術カーボンナノチューブ(CNT)による導電性繊維の生産現場を見学させていただくと同時に、同社ナノマテリアル応用開発事業部長 蜂矢雅明様より「CNTの実用化技術導電性繊維の開発」と題してご講演いただき、とくに今回、これまで未公開の「CNTの導電性繊維の生産現場 馬引工場」を見学させていただきます。

 同社は伝統的な染色技術を応用し、これまで実用化技術の開発に世界が苦労していた中、繊維にカーボンナノチューブをコーティングする技術を開発。繊維に電氣を通じることで得られる発熱性ではニクロム線よりも軽量で、耐久性、柔軟性、熱伝導性に優れ、寒冷地のヒーターその他で活躍しています。この開発の中心である蜂矢氏の開発目標は「繊維にCNTをコーティングした電線」の開発で、これが成功すると、導電性、軽量性、柔軟性でこれまでの送電システムに大変革をもたらすことが予想され、画期的電線が生れます。その開発も、今ようやくブレークスルーが見えて来ています。同社の創業は1916年(大正5年)。これまで、自動車や鉄道車輛用のシート材の染色をもっぱら手掛けて来ました。

      

 日本の新たな飛躍が今真剣に求められている今日、同社の今日の挑戦は、私たちに大きな示唆と勇気を与えてくれる筈です。

 この大きな時代の転換期を迎えている今日、私たちは産業と分野、国と文化を横断して、今日の各々のビジョンと挑戦的試みを交流し、感動的出会いを開きたい。

 その感動的出会いが明日の指針を開き、交友範囲の拡大につながり、ひいてはかけがえのない人間形成の場となる、と固く信じる次第です。

 万障お繰り合わせの上、皆様の積極的なご参加を願ってやみません。

見学先日程

【日 時】2012年9月21日(金)
【訪問先】茶久染色(株) 本社工場・馬引工場
        愛知県一宮市開明字苅安賀道31番地
       TEL: 0586-45-2345 
【集 合】12:30
      JR「尾張一宮駅」 
【テーマ】「カーボンナノチューブの実用化技術、導電性繊維の開発」
      講演:同社 ナノマテリアル応用開発事業部 事業部長
          蜂矢雅明 氏 
【コーディネーター】
     (有)テクノ・ビジョン 代表、元帝人(株)取締役
     相馬和彦氏
【連絡先】新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:00 ご挨拶
  • 13:10 工場見学
  • 15:00 ご講演
  • 16:30 Q&A
  • 17:00 ライトパーティー
  • 18:00 解散 (バスで最寄り駅へ)
MEMO

メモ:

訪問先 地図


より大きな地図で 茶久染色㈱ を表示

ページトップ