イノベーションフォーラム21

開発者本人が語る「明日の技術・製品開発と独自の企業価値創出研究会」

最近のプログラム

2023年4月14日(金)

会場・オンライン併催

パナソニックホールディングス(株)
マニュファクチャリングイノベーション本部長 小原 英夫 氏

『GX/DX時代におけるパナソニックのモノづくり革新』

 「イノベーションフォーラム」2023年度前期 第4回例会が間近に迫ってまいりました。今回はパナソニックホールディングス(株)マニュファクチャリングイノベーション本部長 小原英夫氏をお囲みし、『GX/DX時代におけるパナソニックのモノづくり革新』を主題に、
 ●取り巻く環境変化と課題
 ● オペレーション力とは、変化への対応力とスピード、現状に留まらない愚直な改善が必要
 ● DXで目指す究極の姿
  ・全社共通指針「パナソニック現場カイゼン道」
  ・カイゼン思想の定着
  ・変化に手を打つプロアクティブ型モノづくりへ
  ・製造IoTプラットフォーム:全社展開に先駆け、中国をモデル拠点とし製造IoTプラットフォームを構築
  ・SCM(サプライチェーン・マネジメント)軸の最速最安を支えるDX
  ・ECM(エンジニアリング チェーン・マネジメント)の完成度を高めるマネジメント
  ・オペレーション力強化のための工場DX
 ● モノづくり人材育成
 ● 環境貢献に向けて
などをテーマにご講演いただきます。

小原英夫

小原英夫氏

 氏は、現場革新の思想が正しく受け止められて来た結果、皆んなの意識が変わってきたように感じられ、更にAI技術の導入で従来は人のスキルに依存していた現状分析の工数が大幅に短縮。こうして人はムダの撲滅に注力出来るようになって、最近、製造現場の生産性は大幅に改善された、と仰います。

 しかし、氏は当初、個人的にはデジタル化には懐疑的だったそうです。「そもそも現場を本当に良くするためには“カイゼンの思想”が身についていることが絶対条件」これが氏の信条ですが、しかし、「このカイゼンの思想とデジタルが融合することで一気に生産性が高まり、生み出した時間を他の創造的な活動に使えるようになって、全てが変わっていった」と仰います。

モノづくり人材育成(技能道場)  製造IoTプラットフォーム

左:モノづくり人材育成(技能道場)  右:製造IoTプラットフォーム   

 氏は今回、「当社は “物と心が共に豊かな理想の社会実現”を理念に、地球環境問題への貢献を目指したGX、業務プロセスの徹底効率化を目指したDX、および製造現場革新の取り組みで競争力強化を図っている。ホールディングス傘下のモノづくり部門では、多様でグローバルな事業群の競争力強化を支援しており、GX/DX時代に急速に変化する事業環境に即応出来るモノづくり改革と技術開発、その中でも不変な製造現場革新の根幹となるモノづくり人材の育成の取り組みについてご紹介したい。」と仰っておられます。

 今後のわれわれのDXの求め方について、大いにディスカッションし合えることが出来たら幸いです。

 皆様の積極的なご参加を願ってやみません。

概 要

【日 時】 2023年4月14日(金)13:30-17:00 
【会 場】 国際文化会館 別館2階 講堂
      東京都港区六本木5-11-16
      電話:03-3470-4611
【配 信】 Zoomを使用
【テーマ】『GX/DX時代におけるパナソニックのモノづくり革新』
【講 師】 パナソニックホールディングス(株)
      マニュファクチャリングイノベーション本部長
      小原英夫 氏
【チェアマン】
      (有)入交昭一郎 代表
      元本田技研工業(株) 取締役副社長
      元 (株)セガ・エンタープライゼス
      代表取締役社長・会長
      入交昭一郎 氏
【締 切】 4月10日(月)
【事務局】 新経営研究会 担当:田中
      東京都千代田区麹町1-6-9 DIK麹町804
      TEL: 03(3265)4341

スケジュール

  • 13:30-13:35 ご挨拶
  • 13:35-14:00 自己紹介
  • 14:00-15:00 ご講演(前段)
  • 15:00-15:15 休憩
  • 15:15-16:15 ご講演(後段)
  • 16:15-17:00 Q&A
     


交通・地図

国際文化会館 東京都港区六本木5-11-16
・都営大江戸線 「麻布十番駅」7番出口より徒歩5分 (上り急勾配あり)
・東京メトロ南北線 「麻布十番駅」4番出口より徒歩8分 (上り急勾配あり)
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」 3番出口より徒歩10分

《map》

ページトップ