Home > イノベーションフォーラム21 > 世界一の高さを誇るタワー 東京スカイツリーの建設/大林組 田辺潔氏

世界一の高さを誇るタワー 東京スカイツリーの建設/大林組 田辺潔氏

 2012年度前期 「イノベーションフォーラム21」第5回では、去る8月8日に、『世界一の高さを誇るタワー 東京スカイツリーの建設』のお話を、大林組建築事業部生産技術部長の田辺潔さんからお伺いした。
 その建設に採用された技術は、挙げればキリがない。心柱によるタワー全体の制振装置、頂部にあるゲイン塔の制振装置、ゲイン塔のリフトアップ工法、軟弱な地盤で強固な基礎を作るためのナックルウォール、クレーン積み荷の回転を防ぐフライホイール、日射で曲がる塔の精度を出すためのGPSの活用などである。
 この建設は、未知への挑戦である。例えば、500-600メートルもの高度であるから、自然現象も非常に複雑で、風はカルマン渦を生じて不規則に変わり、上部ではかなりの気温の低下があり、日射による曲がりもこれだけ高くなると相当に大きい。これらが建設作業に大きく影響する。
 また軟弱な地盤の限られた狭い土地であり、工事用地に余裕が無く、しかも周辺には住宅地や鉄道などがあって、それへの影響を極力防ぎながらの短期間での建設である。
このような状況であるから、次々に生じる難問を現場で一つ一つ解決しながらの建設であり、その労苦は想像を絶するものがある。しかも、工期は、東日本大震災で諸材料の納入が遅れたことがあって、2カ月だけ予定より遅れただけであった。
 このスカイツリーを完成させたのは、実に見事な組織力とリーダーである田辺さんの素晴らしい統率力である。私は、コーディネーターとしてのコメントに、かなり古い話ではあるが、NASAが行った『アポロ計画』にも匹敵すると述べた。この月着陸の壮大なプロジェクトについては、当時、このような巨大な組織力は、日本ではありえないだろうと言われていた。アポロ計画は、膨大な研究開発成果の結集であり、スカイツリーは、現場での非常に多くの問題解決の集積であり、内容には違いがあるが、組織力の成果であるのは同じである。未知への挑戦の面でも、同じである。
 このような現場が中心になる組織力は、日本は非常に高いのであり、これからさまざまな分野で発揮していくことができるだろう。
ただ、強調しておくべきことが一つある。それは、このスカイツリーの建設は、極めて大きなリスクを賭けての挑戦であったことだ。最後に田辺さんが漏らしたのだが、ゲイン塔は3000トンもあって、その吊り上げに際して何らかのトラブルがあって、地上に落下させてしまったら、その収拾は想像も出来ないほどの難じになる。大林組が、吹っ飛んでしまうことにもなりかねない。それを、社長はやると決断したのである。自社の技術力への絶大な信頼があったからだろう。

 このスカイツリーは、とても美しい姿を見せている。これも、日本の誇るべき技術である。こうしたタワーや超高層ビルなど非常に高い建築物はほとんど、鉄骨・コンクリート構造である。その方が技術は易しく、コストも低い。だが、スカイツリーは、鉄骨だけの構造で建てた。それが、非常に美しい姿をもたらした。

 中でも特記すべき、下部は三本の主柱による三角形で、上部にいくにしたがって円になるという複雑な形状にしたことだ。それによって、見る角度によって「そり」と「むくり」で構成されるカーブが微妙に異なってくる。この「そり」は、日本刀の曲線であり、「むくり」は寺院などの柱の膨らみの曲線である。つまり、日本の伝統的な美意識がここに再現されている。
なお、エピソードだが、建設中に、「曲がっています」、「傾いています」という見知らぬ人からの電話が時折かかってきたそうだ。場所によっては、そのようにも見えるらしい。
当初の予想の3倍もの入場者で、今は大盛況だが、やや収まったところで是非行きたいものだ。  (文責:森谷正規)

文責 森谷正規

 



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.shinkeiken.com/wp/20130523/2033.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
次世代型補助人工心臓『エバハートの開発と実用化に向けた夢と苦闘』/  東京女子医大 山崎健二氏・ミスズ工業山崎壯一氏 from 新経営研究会

Home > イノベーションフォーラム21 > 次世代型補助人工心臓『エバハートの開発と実用化に向けた夢と苦闘』/  東京女子医大 山崎健二氏・ミスズ工業山崎壯一氏

メタ情報
フィード

Return to page top