ものづくり・科学技術創造立国 日本復活への指針

ものづくり・科学技術創造立国
日本復活への指針

■白鳳の美 薬師寺西塔の再興
-飛鳥・白鳳・天平人の魂と智恵-
法隆寺・薬師寺宮大工棟梁 西岡常一
■日産自動車の再生
日産自動車(株)社長・CEO カルロスゴーン
■半導体革新技術への挑戦
東北大学 名誉教授 大見忠弘

表紙装幀:布装 紙・箔押ハードカバー
本文:四六版 タテ組 224頁
   丸背 極上製本(化粧箱入)
編集 発行:新経営研究会、2003年刊

 


発足20周年を期し、特別限定記念出版「ものづくり・科学技術創造立国日本復活への指針」を刊行いたしました。

この記念出版は、弊会の3周年、5周年での記念出版以降、この15年間に弊会にてご講演戴いた方々の中から、今、わが国の「企業経営」と「ものづくり・技術開発」の在り方に汲めども尽きぬ重大な示唆をお与え下さると確信してやまない、新旧お三方のご講演・ご対談録を収録させて戴いております。

皆様方のかけがえのない糧となることを、願っています。

 

ものづくり・科学技術創造立国日本復活への指針/目次

第一章 白鳳の美 薬師寺西塔の再興  ― 飛鳥・白鳳・天平人の魂と智恵―
東塔の魂、西塔再興曲折話
鉄より永い檜の命、木の心
飛鳥・白鳳の和鉄・和釘と現代の鉄
取り戻したい飛鳥・白鳳人の魂と智恵


法隆寺宮大工棟梁
西岡常一
第二章 日産自動車の再生

日産自動車(株)CEO・社長
カルロス・ゴーン
日産が下降局面を辿った5つの理由
日産が持っていた5つの強さ
リバイバルプラン策定にあたっての過去の分析
リバイバルプラン4つのキーワード
日産再生にあたって出した3つのコミットメント
目標の共有化、リバイバルプラン実現に向かって
成長のための足掛かりを求めた投資決定
業界ベストワンを目指していたリバイバルプラン
ブランド力のあるエキサイティングな車づくり
利益は企業の健全性を計るメジャー
期待を遥かに超えた目標達成、ポストリバイバルプラン
ポストリバイバルプランと3つの指標
透明性と信頼、事実に即した対処
アウトサイダーの利点
アイデンティティーを維持しながら企業を世界に開く
全社員が固い決意で・・・
第三章 半導体革新技術への挑戦  ―日本製造業の未来創成―

東北大学名誉教授
大見忠弘
日本半導体産業が陥った危機、その原因と対応
科学技術を重視する文化、勘と経験に頼る文化
日本の企業体質は大丈夫か
明確になった私のターゲット
―対話型携帯コンピュータシステムの実現―
半導体製造革新技術の創出
  • 動作速度十倍の超高速動作LSI
  • 製造原価を1/10以下に
  • 新生産方式の実現と特徴
トランジスタ製造工程
最終シンター工程
50ナノメータ微細化世代まで対応可能な
超高層三次元立体集積
  • 新半導体製造方式の特徴と革新の経緯
コンパクト化、瞬間立ち上げ製造ライン
装置差をなくす
将来の全ての微細化世代に対応
ガス排気系の革新
温度制御系の革新
  • 一括投資型から段階投資型生産方式へ
二十一世紀型顧客ニーズに即応する新生産方式への挑戦
- ハードでソフトを高速検証 -
  • ガス供給システムの理想像、水道方式の実現
  • ウルトラクリーン・テクノロジの実現に向けて
-心血を注いだガス供給システム -
液化ガス貯蔵タンク・タンクローリーの極限研磨
原子オーダーの表面平坦配管
心血を注いだ付け合わせ熔接の独自技術開発
継ぎ手の革新
極限の追求・全てへの徹底なしに本物の技術は得られない
本物の技術を持ったものだけが生き残る
日本の創合力を結集した新しい半導体製造施設の創出を目指して
- 未来情報産業研究館の設立 -
  • フラクチュエーションフリー・テクノロジの究極を求めて
手こずったヒビの入らないコンクリート施工法の確立
無振動液体圧送技術の確立
  • 資源完全活用型循環リサイクルシステムの確立
  • その他技術の確立
再び臨海工業地帯を
- ゼロエミッション産業コンプレックスを創ろう -
今求められているターゲットドリブン型開発と産官学連繋
  • 何故ターゲトドリブン型モデルと産官学連繋か
大学の主たる使命は新しい学問・技術の創出
理論限界に近づく製品システム技術
未来を見る目が違う産業人と大学人
二十世紀型リニアモデルからターゲットドリブンへ
  • ターゲットドリブン型開発に不可欠なプロデューサー
ビッグビジネス ターゲットの実現に向けて
限りなく明るい日本の未来創成

ページトップ