2018年7月13日(金)

コランダム・イノベーション(株)創業取締役 武田健二氏 

『イスラエルと付き合って知る日本企業の弱みと強み』

武田健二氏

 「イノベーションフォーラム」2018年前期・第2回例会は、来る7月13日(金)、「イスラエルと付き合って知る日本企業の強みと弱み」 と題し、コランダム・イノベーション(株)創業取締役 CTO、元(株)日立アメリカ上級副社長CTO、理化学研究所理事 武田健二氏をお迎えしてご講演いただきます。

 武田健二氏は、東京大学工学部卒、工学博士、米国MITで修士取得。 日立製作所で研究開発、製品企画、新事業企画、CVCなどを経験され、社長特命組織新事業創出を担当し、その後北米のCTOとして全米7か所のR&D拠点を統括し、シリコンバレーにCVC部門を創設。北米プレジデントとして戦略投資を進め、2005年に理化学研究所に移り、理研史上初 の民間企業出身理事として、科学技術からのイノベーション創出に取り組んで来られました。 又、オープンイノベーション促進協議会の理事として創設に関わった方でもあります。

イスラエルのAI・IOT技術
コランダム社運営の脳科学イノベーション創出拠点

 コランダム・イノベーションは、2014年4月、日本の産業再生と新たな飛躍的成長を計ることを目的に、世界随一の革新性に優れると言われるイスラエルのハイテクスタートアップ企業の起業家精神、革新的技術・アイデアを日本企業と結びつけるオープンイノベーションを推進したいという、武田健二氏他の創立メンバーの強い思いが込められて創業されたもので、社名コランダムは他物質と融合してルビーやサファイヤなど貴石を生み出す綱玉に由来しています。

 イスラエルは、世界のイノベーションにおける革新技術の発生源として注目されており、この度、武田健二氏よりイスラエルのハイテク・スタートアップ企業とその革新技術の実態をご報告願い、今後イスラエルとのオープンイノベーションの活発化についてアドバイスいただきたく願っています。

 イスラエルにアップル、グーグル、インテル、他先端医療企業など、革新的企業群が研究開発拠点を置くのは何故か。イスラエルは、毎年600社以上のベンチャー企業を生み出す起業立国です。

 なお、会の終了後、講師の武田健二氏も交え、有志によるワイガヤの会が持たれます。  皆様の積極的なご参加をお待ちしてやみません。

      

日程・会場

【日 時】 2018年7月13日(金)13 : 30-17 : 00 
【会 場】 東京理科大学 森戸記念館 1F 第2フォーラム 
       東京都新宿区神楽坂4-2-2 
      Tel. 03(5225)1033
【テーマ】 『イスラエルと付き合って知る日本企業の弱みと強み』
【講 師】 コランダム・イノベーション㈱ 創業取締役
      元㈱日立アメリカ上級副社長 CTO 
      理化学研究所 理事
      武田健二氏
【チェアマン】
      (有)入交昭一郎 代表 
      元 本田技研工業(株) 代表取締役副社長 
      元 (株)セガ 代表取締役社長、会長  
      入交昭一郎氏  
 
【事務局】 新経営研究会 03(3265)4341 

スケジュール

  • 13:30-14:30  ご講演(前段)
  • 14:30-15:00  コーヒーブレイク
  • 15:00-16:00  ご講演(後段)
  • 16:00-17:00  Q&A  
     
MEMO


会 場


大きな地図で見る

ページトップ