2015年9月17日(木)

JAXA 宇宙飛翔工学研究系 教授 
イプシロンロケット プロジェクトマネージャ 森田泰弘氏

『イプシロンロケット開発に寄せる夢、今日に至る道程と今後への抱負』

  森田泰弘氏

 さて、皆様のご参加をいただいております弊会主軸事業の1つ 「イノベーション・フォーラム」の2015年度前期 第5回例会は、来る9月17日(木)、下記により、JAXA 宇宙飛翔工学研究系教授 イプシロンロケット・プロジェクトマネージャの森田泰弘氏をお招きし、「イプシロンロケット開発に寄せる夢、今日に至る道程と今後への抱負」と題してご講演いただきます。

  イプシロンロケット打ち上げ

 イプシロン・ロケットはH2Aとは異なるタイプのロケットで、3段式、300kg程度の小型人工衛星を搭載することが出来る、世界初の小型固体燃料ロケットです。 しかも、従来、ロケットの打ち上げには100人位の人々で数時間かかっていましたが、打ち上げ前の点検を自動化し、人工知能化を実現して、僅か8人、ノートパソコン1台で発射管制を可能とし、しかもこれに要する作業はおよそ70秒程で済むという、正にこれまでの宇宙ロケットの世界に革命をもたらすものです。

 この開発の責任者、プロジェクトマネージャが森田泰弘教授で、氏は「イプシロンロケットのコンセプトは小型・高性能・低コスト。これで頻繁に衛星を打ち上げられるようにすることが、今後の宇宙開発のカギを握る」、これで「ロケットの世界に革命を起こしたい」、と語る森田教授の夢は尽きません。

 次代の世界を牽引し、再び日本のグローバルなリーダーシップにつながる可能性を持ったオリジナルな挑戦が、今、現れて来ています。

 皆様方の積極的なご参加をいただけましたら幸甚に存じます。

日程・会場

【日 時】 2015年9月17日(木)13 : 30-17 : 00 
【会 場】 東京理科大学 森戸記念館 1F 第2フォーラム 
      東京都新宿区神楽坂4-2-2 
      Tel. 03(5225)1033
【テーマ】 『イプシロンロケット開発に寄せる夢、今日に至る道程と今後への抱負』
【講 師】 JAXA 宇宙飛翔工学研究系 教授
      イプシロンロケットプロジェクトマネージャ
      森田泰弘氏
【チェアマン】
      国立科学博物館
      産業技術史資料情報センター長
      鈴木一義氏

スケジュール

  • 13:30-14:30  ご講演(前段)
  • 14:30-15:00  ネットワーキング・ブレイクタイム
  • 15:00-16:00  ご講演(後段)
  • 16:00-17:00  Q&A
MEMO


会 場


大きな地図で見る

ページトップ