2014年3月18日(火)

東京海洋大学大学院 教授  吉崎悟朗氏

『日本の漁業の未来を- マグロをサバに産ませる』

  吉崎悟朗氏

 「イノベーションフォーラム21」の今期第6回例会は、来る3月18日(火)、東京海洋大学大学院教授 吉崎悟朗氏をお囲みして、「日本の漁業の未来を拓く-マグロをサバに産ませる」と題してご講演いただきます。

  この吉崎悟朗教授が取り組んでいる夢のような話は、マグロの卵原幹細胞や精原幹細胞(卵や精子形成のもとになる細胞)をサバに移植し、サバにマグロの卵子や精子をつくらせて育てようというもので、正にこれは “代理親魚” 構想で、まだ実現には至っていないようですが、既にこの技術の一部を用いて「ヤマメにニジマスの卵や精子を作らせる」ことに成功しています。

 因みにマグロはサバ科の一種で、吉崎教授がこの研究を始めたのは今から14年前。今、クロマグロは「絶滅寸前の危機」と指摘されていて、近畿大学におけるマグロの養殖は有名ですが、氏の研究はマグロを“食材”としてではなく、“一匹の野生生物”として意識し、「絶滅にひんする魚を救い、遺伝的多様性を守りたい」との思いから出発したのだということです。

      

   現在はバイオマスの5Fの内、一番価格が高いFood(食料)を切り口として、機能性食品及び化粧品を事業化しておりますが、今後は、Feed(飼料)及びFuel(燃料)等の事業化を目指していくと伺っております。

   今日、最先端の生物科学の知見を駆使した、極めてイノベーティブで夢溢れる挑戦的な試みが、日本の諸処で現れ始めています。

 皆様方の積極的なご参加をお勧め申し上げます。

日程・会場

【日時】 2014年3月18日(火)13 : 30-17 : 00
【会場】 東京理科大学 森戸記念館 2F 第1会議室 
     東京都新宿区神楽坂4-2-2
     Tel. 03(5225)1033
【テーマ】「東京海洋大学大学院
     教授y
      吉崎悟朗氏
【コーディネーター】
     放送大学 名誉教授 森谷正規氏 

スケジュール

  • 13:30-13:05 ご挨拶
  • 13:05-14:05 ご講演(前段)
  • 14:05-15:00 ネットワークブレイクタイム
  • 15:00-16:00  ご講演(後段)
  • 16:00-17:00  Q&A
MEMO


会 場


大きな地図で見る

ページトップ