2013年4月25日(木)

東海旅客鉄道(株) 
代表取締役副社長 森村 勉氏

新型 N700Aに至る東海道新幹線の開発、今後の日本の高速鉄道構想』

  森村 勉氏

 皆様のご参加をいただいております2013年度前期「イノベーションフォーラム21」の第1回は、東海旅客鉄道(株)代表取締役副社長 森村勉氏をお囲みし、「新型 N700Aに至る東海道新幹線の開発、今後の日本の高速鉄道構想」と題してご講演いただきます。

 この世界の鉄道史上に残る新幹線は、昭和39年(1964年)、十河信二第4代国鉄総裁の不動のリーダーシップと当時の国鉄技師長 島秀雄氏の革新的な技術構想力の下で生まれ、それは世界初の超高速鉄道の誕生であったばかりでなく、当時、斜陽の危機にあった世界の鉄道をも救うことになりました。

 今年、2013年2月にデビューした新車両「N700A」は、これまで最高傑作の呼び声の高かった「N700系」に更なる高速性、快適性、環境性、省エネ性などで進化させ、地球温暖化防止への貢献も配慮された、今日世界最先端の高速車両です。

          N700A
 その周辺技術も含めて、この新幹線における技術開発は、今後の日本のグローバル競争力の復活を考えていく上でも、極めて大きな示唆に溢れるものです。

 森村勉氏は、今日、この東海道新幹線の開発を推進し、JR東海の技術部門を統括している副社長で、今回はその「N700系」から「N700A」への開発への思いとその開発の途上にあった様々なエピソードをご紹介いただき、わが国における島秀雄氏以降の新幹線の開発の歩みと、高速鉄道に寄せるJRの皆さんの夢とご努力の一端、併せて今後のご抱負に触れさせていただき、JR東海小牧研究施設では、「N700A」を始め、わが国の先端鉄道車両を生み出しているJR東海の研究開発の現場に触れさせていただきます。

 皆様方の積極的なご参加いただけましたら幸甚に存じます。

日程・会場

【日時】 2013年4月25日(木)13 : 00-16 : 30
【会場】 東京理科大学 森戸記念館 
     東京都新宿区神楽坂4-2-2
     Tel. 03(5225)1033
【テーマ】『高性能・新型N700Aに至る
     東海道新幹線の開発、今後の日本の高速鉄道構想』
【講師】 東海旅客鉄道(株)
     代表取締役副社長
      森村 勉氏
【コーディネーター】
     放送大学 名誉教授 森谷正規氏 

スケジュール

  • 13:00-14:00  ご講演(前段)
  • 14:00-14:30  ネットワーキング・ブレイクタイム
  • 14:30-15:30  ご講演(後段)
  • 15:30-16:30  Q&A
MEMO


会 場


大きな地図で見る

ページトップ