2012年5月15日(火)

東日本旅客鉄(株) 
鉄道事業本部 運輸車両部 担当部長 車両技術センター所長 田島信一郎氏

 『東北新幹線最新鋭車両 『はやぶさ』 の開発へのと夢と苦闘』

 皆様のご参加をいただいております2012年度前期「イノベーションフォーラム21」の第2回は、来る 5月15日(火)東日本旅客鉄道(株)鉄道事業本部 運輸車両部 担当部長 車両技術センター所長の田島信一郎氏をお囲みし、昨年 2011年3月5日にデビューした東北新幹線最新鋭車両 E5系「 はやぶさ」 の開発についてご披瀝いただくこととなりました。

  田島信一郎氏

 今回は、東日本旅客鉄道(株)鉄道事業本部 運輸車両部 担当部長 車両技術センター所長の田島信一郎氏をお囲みし、昨年 2011年3月5日にデビューした東北新幹線最新鋭車両 E5系「 はやぶさ」 の開発についてご披瀝いただきます。

  最新鋭車両 E5系「 はやぶさ」 は国内最高速 時速320kmで走行し、その技術的特徴として、①トンネル微気圧波を低減するロングノーズタイプの先頭形状、②低騒音パンタグラフと多分割すり板、③全車両フルアクティブサスペンション(新型)による乗り心地の向上、④車体傾斜制御による曲線通過時の乗り心地向上、⑤走行性能の向上と信頼性の確保、⑥パンタグラフ・主回路装置・ブレーキ装置などが挙げられ、加えて「 最上級のくつろぎと癒やしの空間をつくり上げる」 ことを求めて開発された国内初の新幹線ファーストクラス「グランクラス」の設置と、そこで最も力を入れたのがシートの開発でした。

      はやぶさ

 この国内最速の「はやぶさ」の外見的な特徴は約15メートルほど のノーズで、それだけで先頭車両の半分以上を占めています。

 この東北新幹線 最新鋭車両 E5系「はやぶさ」の開発は、日本の今後の「 ものづくり」に大変大きなヒントを与えてくれる事例であると同時に、日本が誇りと希望を持てる開発例であると思います。  5年後にはすべての東北新幹線車両はこのE5系に置き換わるといわれています。

 皆様方の積極的なご参加をお待ちいたしております。

日程・会場

【日時】 2012年5月15日(火)13 : 30-16 : 45
【会場】 東京理科大学 森戸記念館 1階 第2会議室
     東京都新宿区神楽坂 4 - 2 - 2
     Tel. 03 - 5225 - 1033
【講師】 東日本旅客鉄道(株)
      鉄道事業本部 運輸車両部 担当部長
      車両技術センター所長
      田島信一郎氏
【コーディネーター】
     放送大学 名誉教授 森谷正規氏 

スケジュール

  • 13:30-14:30  ご講演(前段)
  • 14:30-15:00  ネットワーキング・ブレイクタイム
  • 15:00-16:00  ご講演(後段)
  • 16:00-16:45  Q&A
MEMO

メモ:



会 場


大きな地図で見る

ページトップ