時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2020年3月11日(水)

《訪問見学先》DIC株式会社 総合研究所、DIC川村記念美術館

《ご講演》DIC㈱ 執行役員 R&D統括本部長
     総合研究所長 有賀 利郎氏


『DIC の未来戦略と独自路線の追求』

有賀利郎氏
有賀利郎氏

 『2019年度後期 異業種・独自企業研究会』 の今期最終回は、当初2月20日(木)に開催が予定されておりましたが、DIC(株)様のご事情で3月11日(水)に変更となり、役員人事により講師が執行役員 R&D統括本部長 川島清隆様から同有賀利郎様に変更になりました。

 
DIC 総合研究所

 これによりご予定されておられた皆様には、ご迷惑をお掛け申し訳ございません。なお、有賀利郎様よりご講演いただきますテーマは「DICの未来戦略と独自路線の追求」合わせて見学先は同社研究所、DIC川村記念美術館と変更ございません。

 ご案内の通り、同社は今年創業111年。今年1月11日、「日本には世界に通用するスゴイ企業が数多くある。そのような企業 を紹介することで、日本も捨てたものではない、そう思ってもらえるような、日本を元気にする番組をつくりたい」と、テレビ東京系列6局ネッTV番組で『知られざるガリバー エクセレントカンパニーファイル』という番組で紹介されたのを記憶されておられる方も少なくない、と思います。

 同社の事業は現在でも創業事業の印刷インキが総売上の50%。機能有機顔料、PPSコンパウンド、パッケージ関連材料で世界シェアトップです。2008年、大日本インキ化学工業から社名変更し、2017年、創業以来最高益を達成しました。現在、同社は液晶材料、工業用粘着テープ、エポキシ樹脂、フッ素化学品、インクジェットインキ、特殊磁気テープ、中空糸膜モジュールなど、幅広く事業展開し、凄まじい勢いで変化する今日の環境変化を「ニューノーマルの出現」と同社は捉えて、素材産業としての今後を探っています。また、日本で逸早く海外進出を果たしたのも同社で、DICカラーガイドはデザイン、グラフィック、ファッション業界で幅広く利用されています。

 皆様の積極的なご参加と、日本が今後向かうべき技術方向と企業の革新力再生への活発な ディスカッションをいただきたいと願ってやみません。

日程・会場

【日 時】 2020年3月11日(水) 13:00〜18:15
【訪問先】 DIC株式会社 総合研究所、DIC川村記念美術館
      千葉県佐倉市坂戸631
【集 合】 12:15 ※12:20に出発いたします
      事務局 田中がお待ちしております。
【集合場所】JR「佐倉駅」南口
      DIC川村記念美術館行バス停より
      送迎バスが待機しております。
【テーマ】『DICの未来戦略と独自路線の追求』
【講 師】 DIC ㈱ 執行役員 R&D統括本部長
      総合研究所長 有賀利郎 氏
【チェアマン】
【諸費用】
【締切】2020年2月26日(水)
【連絡先】 新経営研究会 担当:田中智子
     TEL: 03(3265)4341
     ※ 当日、お名刺を若干多目にご用意ください

スケジュール

  • 13:00 - 13:10 ご挨拶 DIC株式会社 様
          新経営研究会 代表 松尾隆
          同チェアマン 国立科学博物館
          産業技術史資料情報センター 鈴木一義氏
  • 13:10 - 14:40 ご講演
          DIC(株)執行役員
          R&D統括本部長 有賀利郎氏
          『DICの未来戦略と独自路線の追求』
  • 14:50 - 15:30 総合研究所見学
  • 15:40 - 16:00 質疑応答
  • 16:00 - 17:15 美術館見学
  • 17:15 - 18:15 ライトパーティー・名刺交換
          終了後、バスで「JR佐倉駅」へ
          お送りします。
MEMO


交 通

東京駅から JR総武快速・成田で「佐倉駅」下車(約60分)


ページトップ