時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2019年10月17日(木)

《訪問見学先》トヨタ(株)/元町工場

《ご講演》トヨタ自動車(株) 先進技術開発カンパニー フェロー 葛巻清吾氏

自動運転に向けたトヨタ自動車の取り組み

葛巻清吾氏

 『2019年度後期 異業種・独自企業研究会』 の、今期第2回例会は、2019年10月17日(木)、愛知県豊田市のトヨタ自動車㈱ 元町工場の見学に加え、先進技術開発カンパニー フェロー 葛巻清吾氏より、『自動運転に向けたトヨタ自動車の取り組み』と題してご講演いただきます。

 自動車産業は今、100年に一度という大変革の時代を迎え、内閣府推進の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一つ「自動走行システム」も「自動運転」とテーマを変え、2023年までに、これを世界に先駆けて事業化すべく挑んでいます。

元町工場 乗用車組立ライン

 葛巻清吾氏は、この 「自動運転」で国プロとトヨタ自動車、双方の研究開発の中心にあって活躍しておられる方です。

 近年、①周辺認識センサ性能、②大量データ処理能力、③AI中心のソフトウェア技術などの大きな進歩により、運転の知能化が飛躍的に進歩しようとしています。

 また、今回、私たちが見学させていただきます元町工場は、「クラウン」、「マークX」、燃料電池車 「ミライ」 などを生産し、敷地面積 約160万㎡、従業員数 約8000人、溶接工場ではロボット等による自動化率96%を達成し、1ラインで複数車種を「混流」生産しているトヨタの生産拠点です。

 また、今回、私たちが見学させていただきます元町工場は、「クラウン」、「マークX」、燃料電池車 「ミライ」 などを生産し、敷地面積 約160万㎡、従業員数 約8000人、溶接工場ではロボット等による自動化率96%を達成し、1ラインで複数車種を「混流」生産しているトヨタの生産拠点です。

 貴台または御社からの積極的なご参加を賜りますよう、幾重にもお願い申し上げます。

日程・概要

【日 時】2019年10月17日(木)13:00-17:30
【訪問先】トヨタ自動車(株)・元町工場・トヨタ会館
      愛知県豊田市元町1番地(元町工場) 
【集 合】 12:30
      名鉄豊田市駅 東口 改札を出たところ
      ※送迎バスへご案内します
【テーマ】 「自動運転に向けたトヨタ自動車の取り組み」
【ご講演】 トヨタ自動車(株)
      先進技術開発カンパニー フェロー 葛巻清吾氏
【チェアマン】
      国立科学博物館 産業技術史資料情報センター長
      鈴木一義氏
【連絡先】 新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:00 挨拶(新経営研究会)
  • 13:30 見学(元町工場)
  • 15:00 講演
  • 16:00 見学(トヨタ会館)
  • 16:30 ネットワーキングライトパーティー
  • 17:30 終了後、バスにて豊田市駅へお送りします
  •       ※18時頃到着予定
 

訪問先 地図

ページトップ