AI& IoT などデジタル化時代の日本のイノベーションを考えるスタートポイント、
今日の日本の “ものづくり“ の核心

2019後期スケジュール

【訪問見学先】三菱日立パワーシステムズ(株) 高砂工場(兵庫県・高砂市)

9月20日(金)

seihin
MHPSガスタービン
提供:MHPS

『GEから世界シェアTOPの座を奪取したMHPSの技術開発、日本のものづくり精神 』

【講師】三菱日立パワーシステムズ(株)執行役員ターボマシナリー本部副本部長正田淳一郎

shoda_jyunichiro

同社は三菱重工・日立製作所 火力発電事業の統合企業。原子力が危惧される今、ガスタービンが現在の発電の主力。GE、シーメンス、MHPSがビッグ3。MHPSの JAC型ガスタービンは世界最高熱効率、運転時間累計25万時間を達成。昨年、GEから世界シェアトップの座を奪取。技術力に加え、「日本のものづくり理念」の結果。百年に一度と言われる大変革の今、極めて教訓溢れる事例。今年2月、優秀省エネ機器経産大臣賞受賞。

【訪問見学先】 トヨタ自動車(株)(愛知県・豊田市)

10月17日(木) 

元町工場
元町工場
乗用車組み立てライン

『自動運転に向けたトヨタ自動車の取り組み』

【講師】トヨタ自動車(株)先進技術開発カンパニー フェロー 葛巻 清吾

kuzumaki_seigo

自動車産業は100年に一度という大変革の時代を迎え、内閣府推進の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一つ「自動走行システム」も「自動運転」とテーマを変え、2023年までの世界に先駆けた事業化の実現に挑んでいる。葛巻氏はその研究開発責任者。近年、①周辺認識センサ性能、②大量データ処理能力、③AI中心のソフトウェア技術などの進歩により、運転知能化が飛躍的に進歩。元町工場は「クラウン」、「マークX」、燃料電池車 「ミライ」 を生産するトヨタの主力工場。

【訪問見学先】 パナソニック(株)アプライアンス社 草津工場(滋賀県・草津市)

11月5日(火)

パナソニックアプライアンス
パナソニック
アプライアンス社

『パナソニック草津工場における
   人・モノづくり × Iot中心の生産革新 』

【講師】パナソニック(株) マニュファクチャリングイノベーション本部長 小川 立夫
【講師】パナソニック(株) アプライアンス社 草津工場長 高田 泰治

takada_taiji

ogawa_tatsuo

パナソニックは家庭用燃料電池の製造工程で高品質・高効率を目指した工場IoT導入に取り組み、工場の製造管理指標などあらゆるプロセスをつなぎ、IoTを基軸に人・モノづくりをはじめ製品・工程設計力の向上、職人技の汎用化、バラツキのない尖ったモノづくり等をテーマに、日本製造業の特徴「人が活きるIoTによる生産革新」を推進している。

【訪問見学先】 (株)東京精密 八王子工場(東京都・八王子市)

三次元測定機 微細加工

三次元測定機 微細加工

『最先端の精密測定技術と精密加工技術への挑戦』

【講師】(株)東京精密 代表取締役社長 CEO 吉田 均

吉田 均

精密計測機器と半導体製造装置で国内・世界トップシェアを持つ装置メーカー。切削工具の町工場から出発。“ものづくり”における計測の重要性に気づき、「測れないものは作れない」の思想を生み、これが今日を築く基となった。また日本初のスライシングマシン等、独自の技術開発で半導体製造装置メーカーとしても躍進。「世界最高精度」「世界初」「世界シェアNo.1」にこだわる。真円度・円筒形状測定機は国内トップ。また半導体製造用プローバーは世界トップシェアを持つ。

【訪問見学先】 DIC(株)総合研究所、DIC川村記念美術館 (千葉県・佐倉市)

 2月20日(木)

DIC 総合研究所
DIC 総合研究所

『DIC の未来戦略と独自路線の追求』

【講師】DIC㈱ 執行役員 R&D統括本部長 総合研究所長 川島清隆

kawasima_kiyotaka

今年、創業111年。現在でも創業事業の印刷インキは総売上の50%。機能有機顔料、PPSコンパウンド、パッケージ関連材料で世界シェアトップ。2008年、大日本インキ化学工業から社名変更。2017年、創業以来最高益達成。液晶材料、工業用粘着テープ、エポキシ樹脂、フッ素化学品、インクジェットインキ、特殊磁気テープ、中空糸膜モジュールなど、幅広く事業展開。凄まじい勢いで変化する今日の環境変化を「ニューノーマルの出現」と同社は捉え、素材産業としての今後を探っている。日本で逸早く海外進出したのも同社。DICカラーガイドはデザイン、グラフィック、ファッション業界で幅広く利用されている。

【訪問見学先】 福井県民衛星技術研究組 福井県工業技術センター (福井県・福井市)

9月5日(木)

福井県工業技術センター"
ロシアソユーズによる
打ち上げ

地方発 革新的新産業の創出を目指した

『県民衛星による宇宙事業創出への挑戦』

【講師】
    福井県産業労働部 新産業創出課 参事(県民衛星)堤 宗和氏
    福井県民衛星技術研究組合 理事長 ㈱ネスティー代表取締役進藤哲次
    福井県プロジェクトマネージャー 元㈱本田技術研究所 常務取締役保坂武文
    超小型衛星開発ベンチャー ㈱アクセル スペース 代表取締役中村友哉

tustusmi_munekazu shindou_tetuji tustusmi_munekazu shindou_tetuji

  堤宗和氏   進藤哲次氏   保坂武文氏    中村友哉氏

地方発の革新的事業創出を目的に県内企業、東大発ベンチャーが一体となり、県工業技術センターを拠点に開発された超小型人工衛星が、2020年3〜9月、ロシアのソユーズロケットで打ち上げられる。「繊維、眼鏡に代わる新産業の創出がその強い動機だった」と県の担当者は語る。福井県では他に人工血管や心臓修復パッチの開発など、未知の医療分野への進出にも挑戦し、更なる成長を目指している。

 



新経営研究会へお問い合せメール

ページトップ