時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2019年8月20日(火)

【訪問先】味の素(株) バイオ・ファイン研究所(神奈川県・川崎市)
【ご講演】専務執行役員 研究開発統括 研究開発企画部長 児島宏之氏

『先端バイオ・ファイン技術の進化による
  ASV (Ajinomoto Group SharedValue)創造ストーリー』

kojima_hiroyuki
児島宏之氏

 皆様の積極的なご参加をいただいております「異業種・独自企業研究会」2019年度前期例会第5回が近づいて参りました。

  今回は、味の素㈱ 専務執行役員 研究開発統括 研究開発企画部長 児島宏之氏をお囲みし、「うま味」の発見を創業の礎とし、アミノ酸の研究・開発で世界的なリーダーシップを発揮している味の素グループならではの独自研究と先端技術開発をご披瀝いただきます。

クライアントイノベーションセンター

 とくに「先端バイオ・ファイン技術の進化によるASV(Ajinomoto Group Shared Value)創造ストーリー」と題して、アミノ酸から始まった数くの事業、サービスの開発とそれを支える製法技術開発の発展が100年以上にわたって繰り広げられてきた経緯をご披瀝いただき、食品事業のみならずライフサポート、ヘルスケア事業へと広がってきた味の素の事業像と将来展望をご紹介いただき、味の素㈱ 誕生の地 神奈川県川崎市鈴木町のバイオ・ファイン研究所、CIC(クライアント イノベーション センター)を見学させていただくことになっております。

 万障お繰り合わせいただき、皆様のご参会賜りますれば幸甚に存じます。

 

日程・概要

【日 時】2019年8月20日(火)13:30-18:00
【訪問先】味の素(株)
     バイオ・ファイン研究所
     CIC(クライアント イノベーション センター)
     川崎市川崎区鈴木町1番1号
【集 合】13:15(会場内で受付をします)
【交 通】京浜急行「京急川崎駅」から大師線に乗り換え
     京浜急行「鈴木町駅」下車徒歩1分
【テーマ】先端バイオ・ファイン技術の進化によるASV
     (Ajinomoto Group Shared Value)創造ストーリー
【ご講演】味の素 株式会社
     専務執行役員
     研究開発統括 研究開発企画部長
     児島宏之
【チェアマン】
     国立科学博物館
     産業技術史情報資料センター長
     鈴木一義氏
【連絡先】 新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:30 ご挨拶(新経営研究会)
  • 13:40 ご講演とQ&A
  • 15:00 川崎工場見学
  • 16:00 CIC見学
  • 16:40 Q&A
  • 17:00 ネットワーキングライトパーティー
  • 18:00 終了
  •          ※現地解散

 

訪問先 地図

ページトップ