時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2013年7月12日(金)

【訪問見学先】 (株)日本製鋼所 室蘭製作所 (北海道/室蘭市〉

『匠のワザを原点に技術の高度化と進化へ』


 村井悦夫氏

 来る7月12日(金)、(株)日本製鋼所 室蘭製作所様を見学させていただきますと共に、同社取締役専務執行役員 鉄鋼事業部長 村井悦夫様より 「匠のワザを原点に技術の高度化と進化へ」 と題してご講演いただき、日本刀の制作プロセスから学んだ発想、例えば鍛造の意義、種々の加工法のアイデア、またプロセスの高度化の例として鋼の高清浄度化、並びに大型化、超大型化への技術開発と電力・原子力をはじめとする産業界への貢献についてご披瀝いただき、更なる進化としてウルトラスーパー大型化、異材接合、鋼から高合金への参入を目指す現在の状况にも触れていただきます。

 ご案内の通り、同社は1907年に設立され、安来製鋼所に次ぐ歴史を誇る素形材メーカーで、所内に 「鍛刀所」 を持ち、日本刀の鍛刀技術の保存・伝承に力している、しかも世界最先端の技術と ‘ものづくり’ 力を誇る、わが国を代表する企業の一社です。

      

 「室蘭を見れば世界の原子力発電事情が分かる」 と言われ、同社は原子力発電用部材の製造で世界シェアの80%を占めるトップ企業で、発電用ローターシャフトなど大型部材を製造し、国内で風力発電用風車を一貫生産できるのは三菱重工と同所だけです。

 また、14,000 t 世界最大級水圧プレス、100t ESR溶解炉をはじめ、最新鋭設備を有していることでも世界に知られる企業です。

 この新たなグローバル化時代における、わが国の超大型・最先端技術領域、先端インフラ分野での独自の挑戦を通して,今後日本のグローバルリーダーシップとグローバル競争力構築への道を考え合って参りたいと思います。

 つきましては、別紙により詳細スケジュールをご案内申し上げますので,万障お繰り合わせいただき、ご参会いただけましたら幸甚に存じます。

 万障お繰り合わせいただき、皆様の積極的なご参加を願ってやみません。


見学先日程

【日 時】2013年7月12日(金)13 : 00-17 : 50
【訪問先】(株)日本製鋼所 室蘭製作所 
      室蘭市茶津町4 
【集 合】12:40 JR「東室蘭」駅 
     西口 1F ロータリー前付近 
【テーマ】「匠のワザを原点に技術の高度化と進化へ」
     講演:取締役 専務執行役員 鉄鋼事業部長 村井悦夫 氏 
【コーディネーター】
     (有)テクノ・ビジョン 代表、元帝人(株)取締役
     相馬和彦氏
【連絡先】新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 12:40 JR「東室蘭」集合
  • 13:15 ご挨拶
  • 13:20 会社紹介
  • 13:40 工場見学
  • 15:00 ご講演
  • 16:30 Q&A
  • 17:00 ライトパーティー
  • 17:55 バスで那須塩原駅へ

訪問先 地図


より大きな地図で (株)日本製鋼所 室蘭製作所 を表示

ページトップ