時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2012年1月23日(月)

※本例会は、当初2012年1月26日に予定されておりましたが、事情により1月23日(月)に開催させていただく運びとなりました。
 これによりご予定の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承いただきたくよろしくお願い申し上げます。


【訪問見学先】 國本工業(株)浜北工場 〈静岡県・浜松市 〉

『先進技術で未来を切り開く技術者集団を目指す』


 國本幸孝氏

 皆様のご参加をいただいております「異業種・独自企業研究会」 の第4回は、来る2月23日(月)、静岡県浜松市にある國本工業様の浜北工場を見学させていただき、併せて同社代表取締役社長 國本幸孝氏より、「先進技術で未来を切り開く技術者集団を目指す」と題してご講演いただきます。
 國本工業様は、業界初の金型プレスによる金属パイプの肉厚コントロールや曲げ技術「革新的チューブフォーミングシステム」を開発し、低コスト・高信頼性の自動車・輸送用機器関連部品で業界に一大革命をもたらし、2009年、「第3回ものづくり日本大賞」、「第25回素形材産業技術賞』において、中小企業庁長官賞を各々受賞。今年、2011年、「超ものづくり部品大賞」を受賞しました。

     

  金型でパイプを成形する同社の技術は、従来の「ベンダー曲げ」や鋳物製品に比べ、設計の自由度を向上させただけでなく、大幅なコストダウンを実現。鉄のほかチタン、アルミニウム、ステンレス、炭素鋼など、様々な金属に対応。同社の技術力をいち早く評価したトヨタを始めとする自動車メーカー、部品メーカーに製品を供給しています。
   そして現在、同社はアジア諸国の台頭の中、「規模ではなく強さ」、「量ではなく質」を合い言葉に、自分たちにしか作れないもの、日本にしか作れないものを追求し、その独自技術を武器に、次世代輸送用機器、航空・宇宙分野、ロボット分野への開拓を目指して挑戦しています。

 一時は家業をたたもうかと真剣に悩み、「パイプを金型でプレス加工する」という独自技術の開発も、元はといえば高価なベンダーの機械を買えなかったから、と國本社長はおっしゃいます。

 そして今、氏は 「高品質の製品を自動化で量産。それを実現してこそ、新興国に負けないモノづくりが出来る」と力強くおっしゃっています。同社の自動化製造装置はもちろん自前です。

 わが国ならではの‘技術力とものづくり力’、そしてわが国の文化に深く根ざした価値観と美意識を如何に今日の世界で発揚し、グローバルリーダーシップとグローバル競争力に結びつけるかが問われている今日、今回の事例は、極めて多くの示唆に富むものです。

 皆様方の積極的なご参集をお待ち申し上げてやみません。


見学先日程

【日 時】2012年1月23日(月)
【訪問先】國本工業(株)浜北工場 〈静岡県/浜松市〉
      静岡県浜松市浜北区染地台6-3-7
       TEL:053-584-0008 
【集 合】12:15 JR浜松駅 遠鉄百貨店 南側 
      ※12:20にバスが出発いたします 
【講 演】國本工業(株) 
      代表取締役社長/國本幸孝氏
【テーマ】先進技術で未来を切り開く技術者集団を目指す
【コーディネーター】
     (有)テクノ・ビジョン 代表、元帝人(株)取締役
     相馬和彦氏
【連絡先】新経営研究会 電話:03-3265-4341 
      

スケジュール

  • 13:00 ご挨拶と見学先概要のご紹介
  • 13:30 浜北工場見学
  • 15:00 ご講演 代表取締役社長 國本幸孝氏
  • 16:30 Q&A
  • 17:00 ライトパーティー
  • 18:00 終了/バス乗車(浜松駅へお送りします) 
MEMO

メモ:

訪問先 地図


より大きな地図で 國本工業(株)浜北工場 を表示

ページトップ