時代を先導する企業の挑戦と現場に触れる

2010年12月 7日(火)

【訪問見学先】 IHI瑞穂工場、昭島事業所

〈 東京都西多摩郡、東京都昭島市 〉

『IHIのジェットエンジン事業:今日に至る軌跡と今後のヴィジョン』

 今回は、IHI の航空宇宙事業の主力工場の一つ「瑞穂工場」と、日本のジェットエンジンの歴史を辿ることが出来る「IHI そらの未来館」のある同社の「昭島事業所」を訪問・見学いたします。

 今年は日本の航空100年。IHI はわが国初のターボ・ジェットエンジン「ネ-20」の開発に成功し、今日、わが国ジェットエンジンのマーケットシェア60~70%を担い、防衛省が使用する航空機エンジンの殆どの生産を担っている企業で、現在, 同社は最先端技術を活かした次世代環境対応エンジンの開発を推進しています。


 石戸 利典氏

 又、ジェットエンジンは最先端の高機能材料が真っ先に適用される機器の一つで、ここでは新材料開発,安全性の評価技術など,材料に関わる様々な先端研究も進められています。

 ご案内の通り、IHI は日本の宇宙開発に当初から参画して来た企業で、ロケットエンジンの心臓部であるターボポンプやガスジェット装置の開発・生産に取り組み、宇宙ステーション建設で日本初の有人宇宙実験棟「きぼう」の船外プラットフォームなどの開発・生産を分担。今、同社は21 世紀を先導する先端技術分野といわれる航空・宇宙開発事業で推進系技術を中核に産業化を確立しようとしています。

 又、同社は、航空宇宙事業本部の主要工場である田無工場、瑞穂工場、相馬工場の3工場で、これまで最も困難といわれていたジェットエンジン加工分野における廃棄物の再資源化率を100%とする、ゼロエミッションを達成しています。

 時代が大きな転換期を迎えている今日、今回のIHI 様の訪問は、私たちにとって大きな示唆と勇気を与えてくれる機会となることを確信しています。

 

スケジュール

  • 13:00     集合:IHI 昭島事業所
              ( 新宿から JR青梅線、八王子から JR八高線 昭島駅下車 徒歩5分 )
  • 13:10-13:40 IHI 空の未来館 ( 昭島事業所 / IHI 昭島ビル ) 見学
  • 13:40-14:05 IHI 瑞穂工場へ移動 ( バス )
  • 14:05-14:35 瑞穂工場 若月卓氏ご挨拶 / 同社航空宇宙事業のご紹介
  • 14:35-16:10 瑞穂工場 ( ジェットエンジン組立、整備、運転試験 )
             技術開発展示ルーム見学
  • 16:20-17:20 ご講演
            「IHIの航空事業について」
            (株)IHI 常務執行役員 航空宇宙事業本部本部長
            石戸利典氏
  • 17:20-17:35 Q&A
  • 17:30-18:30 ネットワーキング・ライトパーティー>
           ( 参加メンバー同士、訪問先企業幹部の方々との交流、歓談 )
  • 18:30      昭島駅へ移動 ( バス 約30分 )

【コーディネーター】


国立科学博物館 
科学技術史グループ長
鈴木一義 氏

訪問先 地図


より大きな地図で IHI 昭島事業所 を表示

ページトップ