別称:開発者・革新者本人を囲む「明日の技術・製品・事業開発と独自の企業価値創出研究会」

チェアマン

 (有)入交昭一郎 代表、元本田技研工業(株) 代表取締役副社長
  元(株)セガ・エンタープライぜス 代表取締役社長、会長、前旭テック(株)取締役会長・社長 入交昭一郎

 

この度“イノベーションフォーラム”のチェアマンをつとめることになりました入交です。

私個人としては、このフォーラムにはいろいろな形でもう30年近く関わってきております。

講師の方々は何れも世界最先端を走って来られた方々で、その貴重な赤裸々な体験談には他では得られない現場の知恵と教訓が含まれています。

他では得られないこれら先駆者の思い、知恵、教訓を、受講する会員の皆様でより強く共有するためにどのような工夫をするか、がチェアマンとしてのつとめだと考えています。

まずは最初の試みとして、この会を単なる講義を受講する会とせず、講師だけでなく、会員も含めた活発な議論、交流の場とすることに努めたいと思っています。

この会が、現役の会員の皆様の活性化、即ち気づき、やる気の深化を目的としている以上、受講される会員の皆様方も、是非ご自身のテーマを持って、これからのイノベーション・フォーラムに臨んでいただきたい、と思います。

日本の未来をより確かにするために、皆様のご協力をお願いいたします。





《われわれ新経営研究会の底に流れている思い》

新経営研究会 代表 松尾 隆

  • 企業の、そして組織の命とは、その規模の大小、ビジネスの如何に拘らず、それは企業が持つ夢と精神、誇り、この企業或いはこの組織をこう在らしめたいと願うトップの強烈な欲求、その実現への揺るぎない意思である。技術、製品、企業文化というものも、この元にある、企業のそしてそこに携わる人々の夢と精神の結晶に他ならない。
  • 今、われわれに最も求められているのは夢と誇り、大自然への畏敬の念、原点と本質に立ち返って考える姿勢。
  • 人間は現在という瞬間にではなく、明日という希望と未来の中に生きている。
  • われわれの核となるものは、それぞれの民族がそれぞれの風土と歴史の中で培い、今われわれの内に在るこの美意識と価値観、感覚、世界観を措いてない。(新経営研究会の基本思想 新経営研究会 代表松尾 隆)



■本会の特色

  1. 本会はハウツーを学ぶ場ではなく、毎回、今日における画期的イノベーション の事例を取り上げ、挑戦者ご本人のご体験と語り口を通して、その発端から スルーブレークに至る夢と苦闘の道程をご披瀝いただいてその挑戦の核心に 触れ、合わせて今日の最先端の科学技術に触れると同時に温故知新、感動裏 に今後の日本の“在り方”を求め合う場となることを願って活動しています。
  2. 又、本会は新たな知己を得る掛け替えのない機会となることを願っています。
  3. 本会はオンライン用アプリ“ZOOM”を併用し、“時間と場所”の障壁を取り払い、 “バリアフリー コミュニケーション”の実現に一歩でも近づけることを願い、 文化の違いを越えて“感動”と“相互研鑽”を生む、掛け替えのない機会となる ことを願って活動しています。


■本会の概要

  1. 本会は、毎期6カ月を1会期とする月例会を原則に、年2期 (12 回) 開催され、
  2. 技術経営と技術・製品開発、ものづくりの第一線で指導的立場にある方々が、産業と分野、規模の大小を超えて、原則としてクローズド・メンバーシップで相集い、
  3. この激変する時代環境変化の中で革新的、また未知の挑戦に挑み、その中核となる挑戦者、或いはある道、世界を極めたご本人をお囲みして、
  4. 発端から今日に至る夢と苦闘の道程を直接ご本人の語り口を通してご披瀝願い、
  5. 毎回2時間のご講演と1時間のQ&A、約1時間半のワイガヤ(有志、コロナ期を外す)を通して、
  6. 感動的ディープスタデーの場と機会となることを願って活動しています。

■本会におけるご講演の内容

  1. その挑戦はどのような思いや夢、或いは危機意識から出発したのか?
  2. ブレークスルー成った挑戦課題は、当初から求め続けてきたものか?
      或いは挑戦途上で変化、軌道修正され、当初とは変わったものになっていたか?
  3. ブレークスルーに至る途上で如何なる山や壁、危機に直面したか?
      それを如何に乗り越え、ブレークスルーに至ることが出来たか?

■本会が求めている事例と出会い

  1. AI & IoTなど、DX時代におけるイノベーションへの最先端の挑戦事例
  2. 今日挑まれている最先端の科学・技術、未知・未踏領域、極みの世界への挑戦
  3. 温故知新(真・心)、歴史と風土の中で培って来た日本の原点・日本固有の美意識
  4. これまで企業の存立と発展を支えて来た中核事業からの撤退、革新
  5. 今何が起きているのか? 何が起きようとしているのか?

■本会に参加して期待される成果

  1. 原点と本質に立ち返って考える、掛け替えのない機会と場となる
  2. 大きな夢とロマン、危機意識の下、幾多の難関を突破して、遂に仲間たちとブレークスルーを成し遂げたリーダー本人との出会いと交流の機会を開く
  3. 高い視点と広い視野、確固とした定見、本質を見抜く洞察力に触れる機会となる
  4. 産業横断的な知己との出会い、ヒューマンネットワークを広げる掛け替えのない機会となる

1983 東芝 森健一氏/ワープロの開発
2000 染織家 人間国宝 志村ふくみ氏
2001 日産自動車 カルロス・ゴーン氏
  2005 Honda 藤野道各氏
1994 法隆寺宮大工棟梁
西岡常一氏

■原点と本質に触れる

ここではハウツーを学ぼうとするのではなく、独創や革新(イノベーション)、創造的風土とは如何にして生まれ、如何にして実現されるものなのか。経営とは、事業とは、そしてリーダーとは何なのか。
その原点と本質を噛み締め、深く考え合っていくことを本会は目的としています。


■経営幹部に不可欠の資質に触れる

高い視点と広い視野、確固とした定見と理念・哲学、本質を見抜く洞察力と先見性、時代環境変化への鋭い感受性、新たな視点に立つ発想力、強いチャレンジ精神と覚悟、戦略・ビジョンの構築力、高いモラルと教養、専門を越えた応用性、感動する心と豊かな人間性


■本会の標準スケジュール

  • 13:30~14:00 参加者自己紹介(オンラインによるご参加の方もご一緒に)
  • 14:00~15:00 ご講演(前半)
  • 15:00~15:10 coffee break(※オンラインによるご参加の方は休憩)
  • 15:10~16:10 ご講演(後半)
  • 16:10~17:00 Q&A(コロナ収束後17:50~19:00+有志によるワイガヤの会)

■会 期

月例会を原則とする計6回、6ヶ月を1会期とし、年2期の会期で構成される


■使用言語:日本語

但し、日本語に不自由な外国籍の方のご出席の場合、英語通訳の介添え役が付き添います


■オンライン イノベーション フォーラム 新規海外会員募集

現在弊会では、弊会維持会員、弊会主催 “イノベーションフォーラム” と “異業種・独自企業研究会” への参加メンバー企業様に限り、海外とくに時差の小さいアジアに拠点を持つ企業様の現地役員・幹部の方々を中心に、「バリアフリー ワールド コミュニケーション」の実現を目指し、オンライン用アプリ ZOOM と、技術判断上でフライングはありましたが、まだ未完の技術 “自動翻訳システム” を併用し、極めて無謀で冒険的挑戦とは思いますが、「“時間と場所”、“言語と国と文化” のバリアを取り払った “感動と相互研鑽の機会と場” の実現」を願って出発したこの「オンライン イノベーションフォーラム」の正規会員として、下記特別年会費でご参加いただける特典を設けることになりました。この試みは、現在インドネシア、ヴェトナム、シンガポール、中国、タイ等から20名程の国際的なご参加をいただき、オンラインではありますが本会と合わせ総勢60名程のご参加の下、活発な交流を重ねています。まだ目的達成途上の試みではありますが共にその実現を目指すべく、ご参加のご検討をいただけたましたら幸いです。


弊会維持会員 264,000円(税込)/2人/1拠点/年、 弊会主催研究会会員 330,000円(税込)/2人/1拠点/年

年会費(ご入会の年月から暦年で1年間、原則として研究会は毎月1回開催)


これまでの発表事例/抜粋

1983 ウオークマンの開発
ソニー 手塚多吉氏
1983 PPC複写機の開発
キヤノン 田中宏氏
1985 α7000の開発
ミノルタ 納谷幹夫氏
1985 CDの開発
アイワ 中島 平太郎氏
1988 スーパードライの開発
アサヒビール 樋口廣太郎氏

1990三菱重工 のヴィジョン
三菱重工業 飯田庸太郎氏
1998 21世紀の科学・技術
IBM Heinrich Rohrer
2001 新時代のソニーのビジ
ョンソニー 出井伸之氏
2001 新たな松下の創世に向
て松下電器産業 中村邦夫氏
2003 命ある建築を求めて
建築家 安藤忠夫氏

2004 プリウスの開発
トヨタ自動車 井上雅央氏
2004 スバル望遠鏡と新技術
三菱電機 三神泉氏他
2006乾涸びた昆虫が生返る!
農業生物資源研究所 奥田隆氏
2007 光をコアに…
浜松ホトニクス 晝馬輝夫氏
2007 フェラーリでのもの
づくり 奥山清行氏

2007 有機EL材料の開発
出光興産 細川地潮氏
2008 京 菓子と日本文化
老松 太田達氏
2008 たたら製鉄
たたら村下 木原明氏
2009 ロボットスーツ HAL
の開発筑波大学 山海嘉之氏
2010 産業と分野、国と
文化を横断する交流タイム

ページトップ